たかむら耳鼻咽喉科

耳・花・喉・アレルギーのクリニック 096-382-8700

もぐらタイムズ

もぐらタイムズ

熊本の耳鼻咽喉科トップ > もぐらタイムズ
Posted:2018.04.21 | Category: 雑談

花粉症は落ち着いてきた時期ではありますが、通年性のアレルギー性鼻炎などをお持ちの方はくしゃみに悩まされることもあるでしょう。

もともとくしゃみというのは鼻の中や気道に入ったホコリやウィルスなどの異物を排出するための動きです。


異物をしっかり出すために激しく息を吐くのですが、その激しさ故に色んな問題が起こることがあります。


よくあるのが、くしゃみの時に鼻をつまんでしまい、耳が痛くなるというもの。
内側から中耳に思いっきり息を吹き込むような状態ですので、酷い時には鼓膜に穴が開いたりすることもあります。


お腹にも圧がかかりますから、腹圧性尿失禁や鼠径ヘルニアの原因となることも有名。
ギックリ腰や肋骨骨折なんかも時々聞きますね。


それから皮下気腫といって、皮膚の下に空気が入り込んでしまう病気の報告も見たことがあります。
つまり、くしゃみによってのどや鼻などの粘膜に傷がついてそこから空気が皮膚の下に入ってしまうわけです。


さらに珍しいものになると、
気管裂傷(気管が圧で裂けてしまう)
脳動脈瘤破裂(脳の動脈にできた血管のコブが破裂)
急性大動脈解離(心臓近くの一番大きな動脈が裂ける)
などという報告まであります。


ここに挙げたものは珍しい例ですので、必要以上に怖がる必要はありません。

しかし、くしゃみの時に鼻や口を閉じてしまう方がいますが、これはよくありません。
くしゃみの初速は時速300kmなんてことも言われますので、それを口や鼻の中で受け止めてしまうことになります。


くしゃみは我慢しないように。
でもハンカチなどで口や鼻を軽く押さえるというエチケットも守りましょう(^^)/



『ぅゔぇぇぇくしょぉぉぃいい!!!』ってやたらデカいくしゃみを口も押さえずにする人がいますけど、周りに人がいる状況では止めてくださいね(^-^;

熊本市耳鼻咽喉科 たかむら耳鼻咽喉科
〒862-0926 熊本市東区保田窪5丁目10-26  ■診療時間 ●月~火・木~金/9:00-12:30 14:30-18:30 ●水曜日/9:00-12:30 ●土曜日/9:00-12:30 14:00-15:00  ■休診日 日曜・祝祭日