たかむら耳鼻咽喉科

耳・花・喉・アレルギーのクリニック 096-382-8700

ニュース

ニュース

2017年8月の記事一覧

Posted:2017.08.30 | Category: 医療系のお話

もう9月になりますね~、早いもんです。

さて、ちょっと面白いニュースを目にしました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
「そのくらいの傷なら唾を塗っておけば治る」は本当だった?!ヒトの唾液に多く含まれるペプチドであるヒスタチン1やヒトの唾液をニワトリやヒトの培養細胞に添加すると、内皮細胞の接着や遊走、血管新生を促進するとの実験結果が報告された。米国実験生物学会連合がFASEB Journalの掲載論文を紹介した。

 口腔内の創傷の治癒が他の部位に比べ、早いことが知られており、唾液が創傷治癒メカニズムの一部を担うと推定されてきたが、詳しい機序は分かっていない。

 研究グループは今回、ニワトリやヒトの培養細胞を用いた実験で、唾液に含まれるヒスタチン1や唾液が内皮細胞の接着や血管新生の促進など創傷治癒に関わる作用を持つことを証明した。FASEB Journal編集長は「この検討により創傷治療がさらに進化するかもしれない」と評価。「動物や子供が傷を舐める行為に潜む意義を思い出させてくれた」と述べている。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

昔は怪我をすると消毒薬をつけて、ガーゼを当てて乾かす、というのが当たり前でした。
"赤チン"なんてのもありましたね。私も子どもの頃には良く塗られました(^-^;



しかし、結構前から"傷は消毒しない"というのが医療現場でもほぼ常識です。
消毒液が逆に組織を傷害し、傷の治りを悪くします。


傷に消毒液をつけると染みて痛みがありますが、まさにあれは傷をさらに痛めつけているということ。


傷はなによりも"洗う"ということが重要です。
水道水で構いません。どんどん洗うことが大事なんです。


例えば頭を切ったり、足を切ったりして病院を受診するとまず生理食塩水でじゃばじゃば洗われると思います。それが正しいんです。



そしてガーゼを当てる(乾燥させる)のも良くありません。
ガーゼを当てるとしても、直接ではなく軟膏などを塗ってから当てることが必要です。



ちょっと前からドラッグストアでもシート状の被覆材が売っています。
防水性能の被覆材で覆うことで傷口から染み出る"浸出液"が溜まります。
その"浸出液"が傷を治す為に重要なのです。



舐めときゃ治る、は言い過ぎですが、人間の免疫力に頼るということは重要ですね(^^)




もちろん、血がどんどん出たり、ぱっくり開いているような傷は舐めないで病院受診してくださいm(__)m

Posted:2017.08.28 | Category: 雑談

昨日は表題の通り、日曜当番医。

季節的に患者さんの多い時期ではありませんが、朝方は結構患者さんで混みあいました。


多かったのが急な発熱、咽頭炎、扁桃炎。そして子どもの中耳炎。
その中で鼻出血や魚の骨がのどに刺さった方、突発性難聴まで処置や検査が必要な方も多く午前中は結構ドタバタ(*_*;


昼前には落ち着いてゆったり診療できておりましたが、、、





ただひとつだけ、残念なことが!!

フロイド・メイウェザー・ジュニア VS コナー・マクレガーが観れなかった...

que-14159024644.jpg



御存じない方のために簡単に説明しますと、フロイド・メイウェザーはボクシングの元5階級王者。
戦績は49戦49勝というとんでもない成績を残す怪物級のボクサーです。
2015年には同じくボクシング元6階級王者マニー・パッキャオとの試合を制し、年収3億ドルという桁違いの収入でスポーツ選手長者番付で過去最高を記録しました。



一方、コナー・マクレガーはボクシング選手ではありません。
アメリカのUFCという団体の王者で、総合格闘家です。



今回の試合はボクシングルールですので、間違いなくメイウェザーが有利。
唯一メイウェザー側の不安材料といえば40歳という年齢だけ。



マクレガー側の不安材料はもちろんルール。蹴りも肘打ちも投げも寝技も使えない。
試合時間もUFCではタイトルマッチで5分5ラウンドですが、今回は3分12ラウンドで全然違います。


もしも勝機があるとすれば、最初の3ラウンドまでに圧力をかけまくって流れを持っていくか、そのまま倒しきるくらいかと。



しかし、メイウェザーは脅威のディフェンス力で勝ち続けてきた選手。
おそらくはマクレガーの圧力をうまくいなして、疲れてきた後半に勝負。という予想が大半。



結果



大方予想通り、10ラウンドでメイウェザーのTKO勝利。
後で試合を観ましたが、ボクシングのレベル的にはやはり差があり過ぎました。



しかし、こんな試合が成立してしまうのがアメリカの凄いところです。
両者のファイトマネーはそれぞれ1億ドル以上と言われています。




ちなみに去年、スポーツ界で最も稼いだサッカーのクリスティアーノ・ロナウドの年収は9000万ドルくらいなので、それ以上の額を1試合で稼いでしまうわけですね(*_*;



試合前の両者の煽りあいから、試合の盛り上げ方が非常に面白い。

まさにエンターテインメント+スポーツという感じで、アメリカンプロレスも大好きな私は非常に満足でした(^^)

Posted:2017.08.25 | Category: お知らせ

明日は日曜当番医になります。

診療時間は9時~17時までです。

当番医の特性上、新患さん(当院が初めての患者さん)がほとんどになりますので、問診などの時間がかかり待ち時間が長めになることが多いです。どうぞご了承ください。


基本的に急病の方ばかりですので、検査や処置にも時間がかかりがちですが、頑張ります(^-^)!!

Posted:2017.08.23 | Category: こどもの病気 医療系のお話

昨日8月22日は診療終了後に熊本赤十字病院へ。

こんな会がありました。
DSC_1727.JPG

日赤の小児科の先生が色々な患者さんの経過を発表し、その疾患について勉強する会です。
元職場ということもあり、会場に到着すると知った顔がチラホラ(^-^)



まぁまぁ広い会議室が満員になるほどでしたが、耳鼻科医の顔は見えず。
小児科の先生を中心に招待されているようですが、当院にも招待があったということは耳鼻咽喉科も招待されているハズなんですけどね(*_*;



そして日赤の小児科以外の先生が多く参加している。素晴らしい。



さて、昨日は下の疾患についてのお話がありました。


Stevens-Johnson症候群
発熱、咽頭痛から全身の皮膚、粘膜に紅斑や水疱を形成して"ただれた"ようになる病気。
原因は解熱鎮痛剤や抗生剤による薬剤性が多く、薬疹の重篤なものと思われることも多いのですが、マイコプラズマやヘルペスの感染によっても起こります。死亡率も3%と高い病気です。




②腸管出血性大腸菌による溶血性尿毒症症候群
O157で有名な腸管出血性大腸菌ですが、その大腸菌が出すベロ毒素というものが腎臓にダメージを与え、赤血球を溶かしてしまい急性腎不全を起こすことがあります。
腹痛、血便、血尿、貧血などの症状を起こし、重症では透析を要することもあります。

特に夏場に多く、ニュースでも時々報道されます。
最近もポテトサラダからの感染が話題になりました。



③再生不良性貧血
骨髄の機能が低下することによって、白血球、赤血球、血小板が減少してしまう病気。
症状として倦怠感や動悸、紫斑(皮下出血)が挙げられます。免疫抑制剤を中心とする治療や重症では骨髄移植も要することがあります。



④注意すべき腹痛 特に腸重積
小児の腹痛で多いのは、便秘や胃腸炎。
そして注意すべき腹痛として虫垂炎(盲腸)や腸重積があります。

腸重積は小腸が大腸の中に入り込んでしまって、中が通らなくなる"腸閉塞"を引き起こしてしまう病気です。
症状はもちろん腹痛を起こすのですが、症状に波があるのが特徴と言われています。他、血便や嘔吐など。


浣腸で圧をかけることで入り込んだ腸を戻す治療もありますが、入り込んでしまった腸が締め付けられることで血流がなくなり壊死してしまったり、腸が破けて腹膜炎を起こしている場合などは手術が必要です。




どの病気も医師であれば知っているのが当たり前なんですが、やはり実際の症例を見せられると怖い病気ばかり。



耳鼻科が関連することは多くない病気ですが、時にはこういった勉強会で知識に刺激を与えるのは重要ですね(^-^)

Posted:2017.08.19 | Category: こどもの病気 医療系のお話

都議会で受動喫煙防止案が提出されることが話題になっていますが、タバコと中耳炎の関係はあまり知られていないかもしれません。



まぁわざわざ書くくらいですから、きっと悪い影響があるというのは想像できるでしょうが(*_*;



子どもの中耳炎について特に両親の喫煙が悪影響を及ぼすというのは耳鼻科医ではまぁまぁ知られた話。



受動喫煙が話題になっているので、ちょっと論文を読んでみました。
受動喫煙は喘息などの呼吸器に対して悪い影響があるのはもちろんです。



そして子どもが中耳炎になりやすくなるし、治りにくくなるとされています。
両親の喫煙はもちろん、父母以外の他者の喫煙の影響も大きいようです。



その主な原因は"耳管機能不全"です。



"耳管"とは耳と鼻をつなぐ管のことですが、タバコの煙に含まれる有害物質が粘膜を腫れさせたり、粘膜の繊毛運動を低下させることが中耳炎の原因になるとされています。

mimino.pngのサムネイル画像
この図の中耳から伸びている管です。鼻の奥までつながっています。



また、耳管の鼻側の出口にあるアデノイドも肥大しやすくなることで、さらに耳管の通りを悪くします。




タバコの煙はアレルギー性鼻炎の子どもにも悪影響なので、せめて子どもの前での喫煙は控えましょう(^-^)




ちなみに、中耳炎のリスクを上げるものとして、以下のように本当にたくさんのものがあります(^-^;



直接的原因
・強い鼻かみ・両側同時の鼻かみ・鼻閉・鼻閉時の嚥下・嘔吐・授乳時の姿勢・おしゃぶり・寝相(うつ伏せ)・逆流性食道炎・鼻すすり癖・咳・風呂でもぐる・鼻をつまんだくしゃみ・無理な耳抜き・飛行機に乗った後・啼泣・スイミング(飛び込み、もぐり、クイックターン)


間接的要因
・短期間の母乳栄養・気候、季節・受動喫煙・低年齢児集団保育・兄弟の通園・家庭内(兄弟からの感染)・低年齢(2歳未満)・未熟児、男児・遺伝的要因・免疫異常・頭蓋顔面奇形・口蓋裂児・ダウン症・耳管機能不全・抗菌薬の前投与・乳突蜂巣の発育不良・中耳炎の既往・アレルギー性鼻炎・副鼻腔炎・アデノイド増殖症・聞き分けのない子(治療拒否、内服拒否)




ホントにたくさんあります(^-^;
どうしようもない項目もありますが、周りが努力すれば中耳炎になりにくくなる、もしくは治りやすくなることもありますので、中耳炎のお子さんで悩まれている方はもう一度生活から見直してみましょう(^-^)


正しい鼻のかみ方を早く教えてあげることも非常に重要ですよ!!

Posted:2017.08.16 | Category: 雑談

昨日までお盆休みをいただいておりました。


Uターンラッシュも昨日から今日がピークのようですが、私は特にどこに行くこともなく過ごしていました。
先月から週末は必ずと言っていいほど予定がびっちりだったので、久しぶりにゆったりダラダラと。



休み中の出来事と言えば私的にはボクシングの山中慎介選手とゴルフの松山英樹選手。


2人とも残念な結果でした。


山中選手はあの具志堅用高の13連続世界王座防衛記録まであと一歩。
松山選手は全米プロゴルフ選手権で日本人初のメジャー制覇にあと一歩。



山中選手の試合は先に結果を見てしまってから録画で見ましたが、ニュースで言われているようにタオルの投入は確かに少し早かったような気もします。しかし圧倒的劣勢でラッシュを受けていたのも事実。


松山選手はリアルタイムで観ました。最終日途中まで首位に立っていましたが、本人曰く11番の2打目がグリーンを外れたショットが転機となりそこから連続ボギー。




ゴルフもボクシングもほんの一回のショット、一発のパンチが明暗を分けてしまうスポーツ。
世界トップレベルの選手でも一瞬も気を抜けない恐ろしい世界です。



やはり集中力・精神力というのは何にも増して重要ですね。



野球もサッカーもそうですし、スポーツに限らず医師だって手術中に一瞬油断して取り返しのつかないことになる可能性もあるし、普通の診察だって重大な問題を見逃してしまう可能性もあります。



どんな職業でも集中しなくてはならない瞬間があり、それができるかどうかが『プロ』ということでしょうか。

Posted:2017.08.12 | Category: 雑談

念のためにお盆休みについてもう一度書いておきます。
8月14日(月)、8月15日(火)が休診になります。



さて、昨日は山の日でしたが、お昼前からホテル日航へ。



というのも熊本大学耳鼻咽喉科の新教授就任パーティーが行われたからです。



正確には
『熊本大学大学院生命科学研究部耳鼻咽喉科・頭頸部外科 折田頼尚先生 新教授就任祝賀会』(長っ!)

DSC_1714.JPG
昨年4月に前教授が退官し、それから今年の6月まで教授不在でしたがようやく決定し、すでに大学ではお仕事を始められています。



私はまだお話したことはなかったのですが、大学の知り合いからのウワサでは『体育会系』『仕事熱心』『スラっとしたイケメン』。



熊本の耳鼻科医も80人くらい集まり、日本耳鼻咽喉科学会の会長から熊本大学病院の院長まで100人以上集まりました。




さて新教授であります折田頼尚先生、実際に挨拶などを聞いていると確かに『体育会系』のにおいがします。冗談も交えて挨拶されており、非常にお話ししやすそう。
(偉そうに書いてスイマセンm(__)m)


お話しする時間が少ししかなかったのが心残りです( 一一)




写真撮り忘れちゃったので、新教授がどんな人か気になる方は熊本大学耳鼻咽喉科のHPへどうぞ⇒『熊本大学耳鼻咽喉科;頭頸部外科HP




このHPも新教授就任に合わせてリニューアルされたのですが、なぜスタッフの写真を白黒にしたのか...
微妙な笑顔に白黒写真だとちょっと...ねぇ。



ということを大学のHP担当している医師に言ったら『安い業者に頼んじゃって...』と悲しそうな顔をしていました。改善されることを祈ります(^-^)




しかし、この会での私の席。なぜか大学病院の医師に囲まれる位置に(*_*)



他を見てみると完全に年齢順のようですが、そのせいで思いっきり犬猿の仲の人たちが隣になっていて、結構悲惨な状況でした(*_*;
(私は仲良いので大丈夫ですよ)




まぁそんな話は置いておいて、熊本県耳鼻咽喉科のトップとなる折田新教授を知ることができて非常に有意義な時間でした(^-^)

熊本市耳鼻咽喉科 たかむら耳鼻咽喉科
〒862-0926 熊本市東区保田窪5丁目10-26  ■診療時間 ●月~火・木~金/9:00-12:30 14:30-18:30 ●水曜日/9:00-12:30 ●土曜日/9:00-12:30 14:00-15:00  ■休診日 日曜・祝祭日